かわいい赤ちゃん

不妊治療は早めに始めて良し!

抱っこ

「子どもができない」という期間が1年以上になるのならば、不妊治療を開始してしまってもいいと思っています。一般的には不妊とは、子作り開始から2年以上経過してもできなかった場合に言う言葉だということですけれど、でも「欲しい!」と思ってタイミングもバッチリなのにも関わらず、妊娠にいたらないのですから気持ちは焦ってくるものでしょう。
それに不妊治療は結婚から2年を過ぎないと開始できないというものでもありませんからね。結婚後すぐに不妊治療を開始してもいのです。ですから「子どもが欲しい!」と思って子作りを開始したもののなかなか妊娠にいたらなかったら、不妊外来を訪れてもいいでしょう。
もっと言えば、若いうちに不妊治療は開始しておいた方が良いのです。若いうちの方が妊娠する確率だって高いものですから。しかしそれにも関わらず、ほとんどの人がギリギリまで自分たちでの自然妊娠を頑張っているのが現状ですよね。
もちろんその人その人の価値観にもよるところなのですが、年齢とともに気持ちも焦ってくるものですから、可能性が高いうちに妊娠できる可能性の高い不妊治療方法に挑戦するのが最も良いように思いますので。
たとえ妊娠の可能性がなくなっても、若い頃の方が気持ちの切り替えもうまくいく場合も多いですし、別の人生の撰択も柔軟に行っていけるかと思いますので。

不妊治療を夫婦で取組むことで得られるもの

夫婦として仲良く愛し合い、いずれは子供が欲しいという強い気持ちでいたのに、いつまでも子供ができない、どうしてなのだろうか、夫にも嫌な気持ちを与えたり、あせ…

寝ている子供

UPDATE POST

NEW2016年12月02日
不妊治療の保険適用と助成金を追加しました。
NEW2016年12月02日
不妊治療は継続して治療が必要にを追加しました。
NEW2016年12月02日
不妊治療は早めに始めて良し!を追加しました。
NEW2016年12月02日
不妊治療を夫婦で取組むことで得られるものを追加しました。

≫ 記事一覧へ

TOP